top of page

こんにちは。音楽島-Music Island-事務局の大澤です!

本日は、淡路島の太鼓集団、『鼓淡』の紹介をいたします。

鼓淡は、太鼓の「鼓」に淡路島の「淡」という名前の通り、淡路島を拠点に活動する若者で構成された太鼓チームです。



2014年に結成され、国内外で活躍する神戸市出身の太鼓奏者、上田秀一郎氏に師事しています。

メンバーは、淡路島で地方創生事業に取り組むパソナグループの写真でほとんどが太鼓未経験者ですが、地方創生・文化創造の理念のもと、日本の文化を世界に発信すべく、日々稽古に励んでいます。

以前紹介した、「One Step」や、「UNDOKAI WORLD CUP」などのイベントでの出演だけでなく、

小学校や福祉施設、地域のお祭りでの演奏や、地域の方々向けのワークショップを通して、地域の方々との交流の機会を育んでいます♪




今回は、鼓淡メンバーとして4年以上活動に取り組んでいる、古谷さんにお話しを伺うことが出来ました!

鼓淡に入る前、太鼓の経験はありましたか?

「他の楽器は少し経験があったのですが、太鼓は淡路に来てからほぼ初めて触りました。

実は幼稚園時代に太鼓の発表会をしたことがあるそうなのですが、

ほとんど覚えておりません(笑)」

鼓淡での活動を通して、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

「演奏を聴いて下さった方からお褒めの言葉をいただけた時、自分たちが満足できる一体感ある演奏が出来た時に、とてもやりがいを感じます。

なかなか普段のオフィスワークだと感じられないような達成感だと思います!」

ずばり!太鼓の魅力はなんですか?

「耳だけでなく身体全体に響く音、ダイナミックな打ち方、

凛とした立ち振る舞い、全てがかっこいい楽器だと思います。

音は簡単に出せるので始めるハードルは低いですが、

突き詰めると本当に奥が深い楽器です。」

日々の業務との両立、大変だと思いますが、太鼓をやっていたからこそ仕事に活かせたことはありますか?

「業務として地方創生に取り組む上で、お祭りやイベントでの出演を通して

地域の方との繋がりが出来たことは、自分の強みにも繋がりました。

また、同じ部署のメンバーと一緒に演奏することで、チームワークも生まれました。」

ひとりひとりの力を合わせ出来上がった太鼓の演奏は迫力がありそうですね!

太鼓への熱い想いを語ってくださった古谷さんは、今までの経験を活かし、前回ご紹介した「青海波-SEKAIHA-」の波乗亭 杮落し公演『淡路の月に誓う』に出演されています。




鼓淡と楽器のコラボレーション企画もどんどんしていきたいですね♪

閲覧数:897回0件のコメント

こんにちは!音楽島-Music Island-事務局の大澤です。

本日は、新しく淡路島にオープンした劇場&レストランをご紹介します♪

2020年8月1日に淡路島西海岸に新しくオープンした、『青海波-SEKAIHA-』は、日本の文化である食・歴史・芸能を愛しみ、愉しむことの出来る場、

そしてコロナ禍で表現の場を失った役者・アーティスト・音楽家が、夢や希望を持って

活動できる場としてつくられました。

青海波は、『青の舎』『海の舎』『波乗亭』の3つの建物に分かれているんです!

ひとつずつご紹介いたします♪

和食レストラン『青の舎』

淡路島の新鮮な魚介類を使用した握り寿司、天ぷらを中心とした和食レストランです!

1番の特徴は、お店の内装です。




すべての席が海に向かっていて、どの席に座っても広い海を見渡すことが出来ます♪

ランチ/OPEN-15:00(L.O.14:00)

ディナー/17:00~21:00(L.O.20:00)

洋食レストラン『海の舎』

淡路牛のビーフシチューやハンバーグ、淡路玉ねぎスープなどが楽しむことのできる、クラシックな洋食レストランです。レトロな雰囲気で、優雅なひとときをお過ごし頂けます♪

2階にはなんとグランドピアノが置いてあり、生演奏を聴くことが出来ます。

演奏をするのは、もちろん音楽島-Music Island-のメンバーです♪




ランチ/OPEN-15:00(L.O.14:00)

カフェ/14:00-18:00(L.O.17:00)

ディナー/18:00-21:00(L.O.20:00)

劇場『波乗亭』

有名劇団出身の演出家や客演による舞台や、日本の伝統文化である和楽やアニメ等を月替わりで上演致します。

8月上演の作品をご紹介いたします!

『淡路の月に誓う』開演14:00

演出:謝珠栄(宝塚歌劇団出身の演出振付家)

キャスト:高橋伊久磨、友石竜也、高畠ゆうみ、山澤誠 他

ストーリー

淡路島、絵島の上で誓った平清盛が描く新しい武士の世界。荒波に立ち向かう、若者たちに運命の時が近づく…



海をバックにした劇場は、淡路島ならでは。最高のロケーションで、淡路島にちなんだストーリーを楽しむことが出来ます♪

青海波-SEKAIHA- 概要

住所:兵庫県淡路市野島大川70

電話番号:0799-70-9020

平日/11:30-21:00(L.O.20:00)

土日/11:00-21:00(L.O.20:00)

閲覧数:118回0件のコメント

こんにちは!音楽島-Music Island-事務局の大澤です。

今回は淡路島の音楽事業紹介のイベント編ということで、年に1回行われている

「One Step」についてご紹介します♪

パソナグループは2011年から、伝統文化と音楽を組み合わせたオリジナルショー

『One Step』を毎年開催しています。One Stepを通して、多才な才能と様々な可能性を持つ若者に活躍の場を提供すると共に、島内外からたくさんの方々にお越しいただくことで、地域活性化に貢献しています!

One Stepの内容は?

毎年異なった演目を行っていますが、毎回淡路島にちなんだテーマで上演しています。

2019年のショーの内容をのぞいてみましょう!

One Step 2019 淡路島古事記外伝~海幸彦と山幸彦~

古事記 神代編最後を飾る「海幸彦と山幸彦」のお話を、

二次元アートと様々なパフォーマンスで彩った、音絵巻コンサートです。

大人数による圧巻の和太鼓や、様々な楽器で演奏する多彩な音楽、

タップダンス、コンテンポラリーダンス、本格的なバレエや、

見応え抜群のライブペインティングも登場しました。

出演:パソナグループアンサンブル

(和太鼓、タップダンス、スティールパン、 吹奏楽ほか)

   田北志のぶ(バレエ)

   キム・セジョン(バレエ)

   さとうたけし(ライブペインティング)

   益子侑(ヴァイオリン)

   林はるか(チェロ)

   林そよか(ピアノ)

   淡路國生み創生神楽

ショーの様子はこんな感じです!










出演者のほとんどはパソナグループの社員!


今までのコラムでも紹介した通り、2011年より「ここから村」プロジェクトを開始しており、音楽や演劇など芸術家を目指す若者に、マネジメントスキルや企画力等のビジネススキルのほか農業の基礎研修を実施し、芸術家の独立支援と芸術と農業を結びつけ、地域活性化を図ることができる人材を育成してきました。

そんな「ここから村」へ参加する若者による企画・運営ではじまったOne Stepが、今でも続いているんです!

今でも、出演者のほとんどは淡路島にてさまざまな分野で活躍するパソナグループの社員で構成されています。

まさに、音楽島-Music Island-が目指す、芸術活動の新しい兼業スタイルをあらわしたイベントですね♪このようなイベントも、今後どんどん増やしていきたいと考えています!

音楽だけでなく、ダンスや美術とのコラボレーションも出来る淡路島で、仲間を見つけたい、という方、是非お気軽に事務局までお問合せください(^-^)

閲覧数:86回0件のコメント
bottom of page