検索

音楽島メンバーインタビュー第10弾♪

更新日:11月11日



音楽島メンバーインタビュー第10弾♪


昨年10月に入社したヴァイオリンの兼松里衣です。僭越ながら、私の自己紹介をさせていただきます。名古屋で生まれ、親の勧めで5歳からヴァイオリンを始めました。本格的に音楽を勉強しようと思ったのは高校2年生の冬でした。


愛知県立芸術大学で勉強し卒業した後、まだ音楽家として未熟すぎると思い、知り合いの先生だけを頼りに思い切ってドイツのベルリンに行きました。最初は1年の予定でしたが、気がつけば4年間が経っていました。ドイツでは色々な先生のレッスンを受けたり、演奏したりととても充実していました。その様な中コロナが流行し、街がロックダウンされ、多くのお店が閉まっている状況が1年近く続いたので、その時比較的コロナの制限が少なかった日本に帰国することを決めました。日本でこれから何をしようか考えていたとき、音楽島の募集を見かけました。コロナ禍で音楽業界が厳しい中、音楽関係の仕事を安定して続けられるというところが、私には魅力的でした。働き始めて1年くらい経ちますが、今は淡路島と地元名古屋でも演奏活動を行なっています。


行動力のある兼松さん!音楽島でも大いにご活躍いただいております。

今後も、音楽島メンバーによるブログ更新をしてまいります。どうぞお楽しみに!

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

見出し h1

見出し h1